Welcome to Third Place.

ようこそ、サードプレイスへ!

Third Place is not a home or a workplace but a space for you to be yourself.

Third Place is not a home or a workplace but a space for you to be yourself.

カウンセリングルーム「サードプレイス」は、家庭でもなく職場でもないあなたが自分らしくいられるための「第3の居場所」です。

サードプレイスについて

About Third Place.

家庭でもなく、職場でもない。あなた自身が自分らしく、いられるための居場所。
それが、第3の場所=“サードプレイス”です。


カウンセリングルーム“サードプレイス”は、心理学に基づいたアプローチで、
こころとからだの不調や日常生活の悩みに向き合い、ケアします。


ここでは誰の目も気にする必要はありません。
セラピストはあなたの味方です。
いま、あなたが感じていること、考えていることをそのまま話してください。

「自分の感情をコントロールできるようになりたい」。
「“ノー”とはっきり言えるようになりたい」。
「子どもへの愛情を上手に伝えたい」。
「トラウマを乗り越えて、前向きに生きたい」。
こうしたことに、対処できる知恵や方法がサードプレイスには、あります。

メニューと利用料

心理学に基づいたアプローチでこころとからだの不調や日常生活の悩みを改善に導く“サードプレイス”のカウンセリング

●インテーク面接
初回に行う面接です。あなたがどんなことにお悩みなのか、じっくりとお話をさせていただきながら解決に向けた最適なカウンセリングメニューを提案いたします。

55

●サポーティブカウンセリング
症状に応じてCBT(認知行動療法)と呼ばれる心理療法などを取り入れたカウンセリングです。
サードプレイスではセラピストは来談者の味方になり、あたたかく支援(サポート)したいという気持ちを込めて、サポーティブカウンセリングという言葉を使っています。

55

 または 

25

●トライアルカウンセリング
サードプレイスのカウンセリングがどのようなものか不安を感じている方や、誰かに悩みを聴いてもらいたい方などに向けたトライアルコースです。初めてでも安心していただける質の高いカウンセリングが気軽に体験できます。(全2回)

55

●集中的なプログラム
PE(持続エクスポージャー療法)[トラウマをのりこえるための心理療法]
「PE(持続エクスポージャー療法)」とは過去のトラウマ体験が原因のPTSD(心的外傷)症状の改善を目的とした認知行動療法のひとつで、いわばトラウマを乗り越えていくための心理療法です。PTSDの治療の中で最も効果が実証されていることが認められています。(週1回のペースで10〜15回のセッションが必要です)

85

CARE(Child-Adult Relationship Enhancement)[子どもとかかわるすべての大人のためのプログラム]
「CARE」は複数の心理療法をベースに開発された子育て支援プログラムです。ロールプレイを交えながら、子どもとのより良い関わり方や上手な指示の出し方についてレクチャーしていきます。(週1回または隔週に1回のペースで3回ほどのセッションが必要です)

55

STAIR(Skills Training for Affective and Interpersonal Relationship)[今をよりよく生きるための心理療法]
「STAIR」は大人になってもなかなか周囲との信頼関係が築けないことで悩んでいる方や、常に精神的な苦痛に苛まれている方に向けた心理療法です。感情や対人関係に焦点を当て、いきいきと人生を送っていくためのスキルを育みます。(週1回または隔週に1回のペースで12回程度のセッションが必要です)
※「感情調整」および「対人関係」のみをご希望の方はそれぞれ6回程度のセッションとなります。詳しくはセラピストにお問い合わせください。

55


利用料(1セッション)

25分:5,000円
55分:10,000円
85分:14,000円
トライアルカウンセリング:16,000円(1セッション55分 全2回)
・価格はすべて税込みです。
・生活保護などを受給されている方などのために減免措置もあります。お気軽にご相談ください。

セラピスト紹介

中山 未知

Michi Nakayama

臨床心理士。
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 成人部 科研費研究員。
約10年にわたり、東京女子医科大附属女性生涯健康センターにおいて年間のべ600セッション以上の個人心理療法、および30セッション以上のグループ療法を実施。

2012年、CAREシニアトレーナーに認定。
2013年、持続エクスポージャー療法(PE)スーパーバイザーに認定。
著書(共著)『トラウマセラピーケースブック』野呂浩史編(2016年 星和書店)

自分のことを話す、ということは難しいことかもしれませんが、回復にとても役に立つことでもあるのです。私は、人が本来的に持つ治癒の力を信じ、「よい聞き手」であるよう、常に心がけています。

清水 藍

aoi shimizu

聖徳大学大学院臨床心理学博士前期課程修了。臨床心理士。平成23年、東京女子医科大学附属女性生涯健康センター勤務。心理検査、心理療法、調査研究等に携わる。平成25年、公共職業安定所勤務。精神障害者雇用トータルサポーターとして、復職支援、職業カウンセリング等を行う。私生活においては二児の母。

「クライエント(心理面接を受ける方)が抱える不安、悩み、さまざまな問題を、その方と同じ視点に立ち、一緒に考える」ことを大切に日々、心理臨床を行っています。より深く理解できるよう、お話を聞かせてください。

CARE-Japan Workshop 2011 修了
PCIT-Japan PCIT training and blush up Workshop 2012 修了
CARE-Japan Workshop 2016 修了
PCIT-Japan Workshop 2016 修了

ご予約・お問い合せ

セラピー/カウンセリングの流れ

当サイトの予約フォーム・メール・TELなどからご予約を行ってください。
当クリニックよりご連絡の上、予約日時の確定をいたします。

初回に行う面接です。
あなたがどんなことにお悩みなのか、じっくりとお話をさせていただきながら
解決に向けた最適なカウンセリングメニューを提案いたします。

「サポーティブカウンセリング」「トライアルカウンセリング」「集中的なプログラム」より、
決定したカウンセリングメニューに沿ってカウンセリングを進めて行きます。

ご予約・お問い合せ

種別
セッション時間
カウンセリング希望日時 第一希望: 年  月  日 
     

第二希望: 年  月  日 
     

第三希望: 年  月  日 
     
お名前  :漢字
 :かな

エラー:お名前は省略できません

電話番号

エラー:電話番号は省略できません

エラー:電話番号は半角数字で入力してください

メールアドレス

エラー:メールアドレスは省略できません

ご質問・通信欄

リセット 内容確認

アクセス

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-7-4
GALLERY & STUDIO ii-BRIDGE 2F room 5

飯田橋駅より徒歩2分。東口(地下鉄A4出口)を背にしてカフェ・ド・クリエの角を右に曲り、つきあたり右の建物の2階です。

TEL:070-6400-7497(電話に出られないことがあります。留守電にメッセージを残してください。)

受付時間
10:00 - 12:00 × × ×
14:00 - 17:00 × × ×

Q&A

そもそもカウンセリングとは何ですか?

心理療法などの技法を用いて、セラピストが来談者の抱えている問題や悩みの解決に向けたサポートをする行為(ケア)のことを一般的にカウンセリングと呼んでいます。サードプレイスではセラピストは来談者の味方になり、あたたかく支援(サポート)したいという気持ちを込めて、サポーティブカウンセリングという言葉を使っています。

カウンセリングを受けてみたいけど初めてなので少し不安です。

初めての方に向けた「トライアルカウンセリング」(1セッション55分 全2回)をご用意しています。誰にも相談できなかった悩みから、ちょっとした不調まで気軽にご相談ください。

カウンセリングでは実際にどんなことをするのですか?

抱えている悩みなどよって内容はさまざまです。来談者との会話(対話、といいます)を基本にしつつ、場合によっては心理療法によるアプローチでカウンセリングを行うこともあります。

1セッションのカウンセリングにかかる時間が3種類(85分・55分・25分)あるのはどうしてですか?

カウンセリングのメニューによって行う課題(タスク)が異なるためです。PTSD症状の改善を目的とした「PE(持続エクスポージャー療法)」は1セッションの中で行う課題が決められているため、85分で設定されています。
その一方で、ゆったりと話したい(じっくりと話を聴いてほしい)場合には55分。
短い時間でテーマを絞った対話をお望みの場合には25分といったように、カウンセリングの時間を設定しています。症状の変化や体調など、ご要望に応じて時間の調整が可能ですが、多くの来談者は落ち着いて話ができるという理由で55分を選ばれています。

どのくらいのペースでカウンセリングを受ければいいでしょうか?

個人差はありますが、2週間に1回、月に1回ほどのペースで来られる方が多いようです。

しばらくブランクが空くと足が遠のいてしまいそうで心配です。

サードプレイスに来ることがご自分のストレスになってしまっては本末転倒ですから、まずは無理のないペースで通ってみてください。定期的にいらっしゃる方から年に1回お越しになる方まで通い方はみなさんそれぞれです。
ただし、PE(持続エクスポージャー療法)・CARE・STAIRなどは治療の効果が損なわれないよう週に1回、もしくは2週間に1回程度で通われることをおすすめしています。

必要とされるセッション回数をこなしたら終了ですか?

心理検査などの客観的な指標やご自身で症状の改善が実感できればカウンセリングを終えることになります。必要なセッションを終えられた後もフォローアップとしてカウンセリングを継続して受けることが可能です。

カウンセリングを受けてみたいのですが、どのメニューを選べばいいのかわかりません。

まずは、どんなことにお悩みなのかじっくりと聞いた後、効果的なカウンセリングメニューをご提案します。サードプレイスで解決が困難な場合は他の医療機関をご紹介することも可能です。まずはお気軽にご相談ください。

PTSDの治療にはどんなものがあるのですか?

トラウマ体験を原因とするPTSD(心的外傷)の治療法として効果が実証されているPE(持続エクスポージャー療法)と呼ばれる心理療法をはじめ、CPT(認知処理療法)やEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)などが一般的です。
サードプレイスではPEで実績を積んだセラピストがカウンセリングを行っていますが、臨床研究で効果が実証された心理療法のみに頼ることなく、過去の体験について安心してお話ししていただけるための環境づくりや、セラピストとの信頼関係がなによりも大切だと考えています。

みんなの声

ここは、一人では向きあえなかったこと、見たくなかったことを先生と一緒に見つめることができる安全な場所です。
対面のカウンセリングというより、同じ方向を向いて寄り添って一緒に進んでくれるという感覚です。
自分の問題に立ち向かうのはとても大変な作業ですが、一人じゃないというのは心強いです。
私はずっと、昔の辛い記憶は全部なかったことにしてリセットすることが人生を取り戻すことだと思っていました。
しかし、カウンセリングの中で自分の気持ちを整理することで、混乱していた私の人生をちゃんと過去の出来事にできるようになってきました。
それこそが自分の人生を取り戻すことだと気づきました。

昔の事について口にするのはとても勇気がいるし、不安です。
でも、少しずつ話す練習をすることでだんだん見えてくることもたくさんありました。

ゆっくり自分のペースで進めることが出来るのも安心です。

ここは自分の気持ちを大切に丁寧にオープンに出来る私の大事な居場所です。

30代 女性

ここはすごく快適。来るのが楽しみです

50代 女性